私よりムダ毛が多い人を見て密かに喜ぶ自分が嫌!

私よりムダ毛が多い人を見て密かに喜ぶ自分が嫌!
周りの人と比べて、特別にムダ毛が多いのが私です。
昔から非常にもっさりと生えていて、男のようだと自分でも思っていました。
それに周りの子も「クラスのナンバーワンだ」と私をからかっていたので、私はおそらくクラスで一番ムダ毛が多い女子だったと思います。
そしてそれを密かに気にしていました。
気にしても仕方ないことは分かっているのです。
ムダ毛が多いことは自分ではどうしようもない体質的な問題ですし、自分に非はありません。
分かっていても嫌なものは嫌で、私はムダ毛が多いことを気にしていたのです。
気にしているからこそ、時折、自分よりもムダ毛が多い女性を見ると飛び跳ねたくなるくらいに喜んでしまうのです。
私と同じくらいムダ毛がある人には優しくしたくもなります。こういう自分が嫌なのです。
私よりもムダ毛が多い人を見て、密かに喜ぶのは自分でもどうかと思います。
ムダ毛のコンプレックスに陥ってからの私は少々心が汚くなってしまったなと思っています。
人の不幸はうまいといいますが、確かにそういうところがあるのかもしれません。
自分よりもムダ毛が多い人をみると、すごくホッとして安心してしまう自分がいます。
そしてその人の人生がどうか分からなくても同情してしまうのです。
こういう自分を客観的に見て、「嫌な奴」と自ら思っています。
私よりもムダ毛が多い人を見て喜んでしまう今の自分が嫌なので、そういうところを変えたいです。
変えるためにはムダ毛の脱毛も考えないといけないなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です